スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

否定するだけじゃないだろう

駄目だ駄目だと否定するのは簡単である。

しかし、それだけで終わってしまうならば先が見えないだろう。
見えないというのは言いすぎだが非常に効率が悪くなる。
その人のためだから自分で気付いて欲しいから言わない
みたいな場面があるかもしれないけど、私はそう思わないことが多い。

当人にとってはよかれと思って事を進めているのに
ただ、「駄目だ。」と言われても途方にくれるのが大体だろう。
それと端から見てあきらかに"駄目"なことをしているのであれば
何故まわりは導いてやろうとしないのだろう?

それが団体の一部であるならなおさらだ。
時間だって限られてるんだから指摘し修正させればいい。

世の中そういうものじゃないのか?

駄目だっていうのなら、言ったやつがやれ。
というのが出てくるかもしれないが
技量がなければできないだろう。
ただしどんな技量がなくても駄目だとの判断はできる。
技量のない人にだって、技量のある人にアドバイスなり
与えることができるってわけだ。

その人にしかできない役割ってやつかね。

技量のある人がなんでもできるパーフェクト人間であれば
なにも言うことはないだろうけど、
私はそんなパーフェクト人間なんぞ知らない。

そんな人がいるなら、それこそ世の中を変えてもらいたいものだ。

つまり、協力してよりよくしていこうという考えはないのかい?

Comment

Trackback

http://rayru.blog21.fc2.com/tb.php/929-22f3f2f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。