スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティム・バードンの「コープス・ブライド」

ティム・バードンの「コープス・ブライド」
コープス・ブライド

あらすじ
19世紀のヨーロッパのとある村。結婚式を迎える1組のカップルがいた。
成金のバン・トード夫妻の息子ビクター(ジョニー・デップ)と、
貴族のエバーグロット夫妻の娘ビクトリア(エミリー・ワトソン)。
バン・トード夫妻はお金はあるが地位がないために上流階級入りすること、
エバーグロット夫妻は地位はあるが財産はなく再び返り咲くこと、
を的に結婚の約束を取り付けていた。
結婚式のリハーサルでビクターは台詞を上手く言えずに、
一人森で練習を行なっていた。手に見立てた小枝に指輪をはめ、
台詞を完璧に言えたその時、その手は骨の手であり、
コープス・ブライド(ヘレナ・ボナム=カーター)と結婚してしまったのであった・・・

友達のお勧めからチェックしてたこの映画観ました。
ストーリもなかなか面白そうで期待しながら見てたんですけど
かなり良かったですよ。音楽もグッド。
声優初体験のジョニー・デップもいい感じでした。

ネタばれ注意↓(あまり深くは突っ込みませんが)
ビクターと死者エミリーが結婚してしまい、残されたビクトリアは
どうなるのか?とかなり気になりながら観てました。
政略結婚で会ったために、エミリーの悲しい話を聞き情が
うつりそのままかなぁとも思ったけど、
ビクター、エミリー、ビクトリアの三角関係となり
最後まで目が離せない状態でした。
なんていうか、主人公3人が皆いい人ですよ。
特にエミリーが・・・ね。

心に残ったシーン
・死者の世界に行ったときのエミリーの悲しい話
・エミリーとビクトリアのピアノのシーン
・結婚式

やっぱ最後の結婚式は見所ですよね。
genre
映画
theme
コープスブライド

Comment

Trackback

http://rayru.blog21.fc2.com/tb.php/75-38172f8a

コープスブライド(評価:◎)

【監督】ティム・バートン【声の出演】ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム・カーター/エミリー・ワトソン/アルバート・フィニー【公開日】2
2005/10/23(日) :  | シネマをぶった斬りっ!!

#37:コープス・ブライド(試写)

KAZZのこの映画の評価 愛だね、愛!この”コープスブライド”死体の花嫁のお話。上映時間が77分と、久々に短い映画でした映像が、とても素晴らしいキャラも個性的で特にスクラップス君は、お茶目でクール現世をモノトーン、死後の世界?をカラーで...
2005/10/24(月) :  | *KAZZの呟き*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。