スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏と表

人には裏と表があるもので。

どうなんでしょうね。本心ってやつは。
私の場合、大抵心のどこか疑いの目でみている。
どうせ付き合い上の顔だろ。
本音はどこにある?ってな感じで。

昔に騙された経験からこんな感じでみてしまうようになったんだろうけど
人って大抵そんなもんじゃないだろうかね。

例えばセールスマン。
買ってもらいたいがために、心にも無い口説き文句で
あれやこれやと相手をその気にさせてしまう。
本音では、「へへ、こいつはちょろいぜ」なんて思っているかもしれない。

裏と表ってことで思い出したんだが
うろ覚えであまり覚えてないんだが
車の免許とるときに、適正試験みたいので
抜かれたら抜き返したくなりますか?
みたいな内容あった気がするけど、
あれに正直に「はい」と答える人がどれだけいるのだろうか?

明らかにマイナスになるような内容に
馬鹿正直に「はい」なんて答える人はほとんどいないと思う。
まぁそれでも善悪の区別は大抵の人はつくから
自覚していれば問題はないのだろうけれども。

そんなわけで裏と表のある社会が
うまく成り立っていることがすごいと思う。
くそぅ。私はいろんなことに無関心
興味が無いこと以外は・・・と思っていたんだが。

疑うの反対が無関心ですか。

疑うって行為にはその人のことを知ろうというところから、
逆に信じるってことはその人を知ろうとすることの放棄か。

言われてみれば納得できてしまう。
――自分のこと知っているようで知れてないんだなぁ

Comment

れいたんに本音の一端を見せよう
れいたん愛してるぞ!
ホモちゃうけど。
2009⁄07⁄09(木) 02:40 |

Trackback

http://rayru.blog21.fc2.com/tb.php/517-1f273cf9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。