スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来

以前タイムマシンなんてないと書いたが
人が行き来できないだけで、存在はしてるんじゃないでしょうかね。
それこそ無数の阿弥陀籤みたいに。

胡散臭い予言者っているけど
そういう人は無数の未来の中からひとつをみただけなのかと。
だからあたることもあるし、外れることもある。
または、ただのホラ吹き。
予言者ではなく予想者。

または、無数の未来があるのではなく、
無限に繰り返されている事象の一つ。
この場合だと未来は過去でもあるのかね。

自分の考えだと未来ってのは既に存在していて
その未来を選択するってイメージかな。
何もないのではなく、決められた無数の選択肢を選択しているのが今。
まぁそれこそRPGゲームみたいな話なんだが。

RPGゲームってのは大抵ボスがいてそいつを倒すまで
地道に鍛えて強くなり、幾多の経験を積みラスボスを倒し
感動のエンディングを迎える。

そもそもRPGって役を演じるゲームなのだからそうなのだが
最終目標って決められているわけで
しかしそこに辿りつく過程は、ほぼ決まっているが
そのパターンはことなるものになる。
決められた未来に向かっている。

つまり、今自分が生きているのも何かしらのゴールに向け
それをどう辿るかって生きているのが今現在。

結局のところ、未来が空であるのと大差ないんだけどね。
存在したとしても分からなければ無いのと一緒。
ただ、それを垣間見る事ができる事もあるんじゃないだろうか。

久々にリアリティな夢をみて、断片的に記憶に残ってたもので
予知夢なんてものを思い出したので思いつくままに書いてみた。
夢のほうは内容的にはなんて事の無い日常なのですけどね。
未来を予知ってのは、決まっている未来をみたってことなのかとふと思っただけです。

Comment

Trackback

http://rayru.blog21.fc2.com/tb.php/515-038237ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。