スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院について思うこと

こんな時期に風邪を引いてしまい、ただ熱が38.6度あるだけなのに
病院へ行けといわれたのでいってきました。

病院について思うこと
「やけに時間がかかる。」
・受付で、症状について説明→待ち
・診察(ここでもまた症状を説明)→会計待ち
・薬局へ行って会計待ち。(社交辞令であろうが、ここでもまた症状を説明)
ほとんど人がいなかったのに何であんなに時間がかかるんだろう。
しかも、診察中にも良く思うことなんだが、
あれって、薬剤師の人でもできるんじゃね?
症状聞いて、コレに聞くのはこの薬だって。

なので以下のようなシステムできれば改善するような気がするんだが。

・症状を聞いて軽度なものであれば薬を処方(第一診断医師みたいな)→薬局へ。
・注射など必要かもしれない(ちょっと重い病気かも)→診察へ。

そして病院と薬局がもっと連携をよくするべきだ。
・診察にて医師が薬を処方
・それと同時にネットワークで薬剤師へ薬の準備を指示。
(この辺ロボットとかで自動化できそう。必要な種類と個数を用意する)
・患者は指定された薬局へつくとすぐに薬がもらえる。


本当に意味わからないくらいの待ち時間でイライラします。
症状がきつい人が長々と待たされるのはどれだけ苦痛であろうか。

Comment

Trackback

http://rayru.blog21.fc2.com/tb.php/501-957eb697

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。