スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fedora 5

いろいろな作業をするのに必須ではないがあると便利だと感じたためにFedora core 5をいれてみる。
Virtual PCって便利なものをこの前導入したもので。


しかし、インストール時にVirtual PC自体をあまり理解していなくて躓いた。
初めに初期化しますかってでて、初期化してデータ消えるとまずいなと思って諦めてたけど
なんかおかしいなと思って調べたりしてたら、仮想で作ったハードディスクを初期化するようで。
他のWindowsOSで作った時は、そんなのなかったのにと思ってたら、
Virtual PCで初めにどのOSを入れますか?って選択するところが
インストールに必要な領域を確保してつくるみたいで、所謂HDフォーマットしてるらしい。
でその他選択のFedoraは、当然初期化はされてなくインストールに必要なデータ量もほかのLinuxOSよりも多いのかな。
まぁそんな訳で初期化項目がでてきたのではないかと思う・・・


それでインストールを進めてってかなり時間がかかるようなので、
並列しながら他の処理いろいろしてたら・・・PCが落ちました。
やっぱりインストール中はおとなしくしてた方が良いみたいで。2時間分ぐらいがパァに。
そんなこんなで、やっとのことでインストールが終わり立ち上げると・・・X-windowがバグってる;;
しかしxorg.confの中のDefaultDepthとDepthの値をを「24」→「16」と書き換えることで起動に成功。


これで、あとは必要なものをインストールすれば学校に行かずとも研究が
これで、いろいろと作業が楽にできそうだ。

Comment

Trackback

http://rayru.blog21.fc2.com/tb.php/342-17fccd71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。