スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押しボタン式信号機

人が押さないと変わらない交差点がある。
通勤の経路上必ずそこを通るのである。
私が交差点につくと先に高校生がひとり待っていた。
信号を待っているのだから当然ボタンは押してあるはず。
私は信号を待った。長い時だと1分以上待つこともある。
そこで信号を待っているがなかなか変わらない。
まさかと思って私が押しボタン信号を確認すると押されていないではないか。
私がボタンを押すと数秒後に信号は切り替わった。

高校生はボタンを背にして待っている状態であったのでボタンを押し忘れていた?事実には気づいていない。
信号を渡ると高校生は小走りにかけだした。
急いでいたのだろうか。押しボタン式信号のボタンをチェックすることもなく。
急いでいたからこそ頭からそのことが抜け落ちてしまったのかもしれない。
私が通らなかったら彼はどこまで待っていたのだろうか。

Comment

Trackback

http://rayru.blog21.fc2.com/tb.php/1319-c284fff0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。