スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月オワタ

11月頭から面倒な事が多すぎて嫌になる。
もっと時間があればいいのに。
回りの時が止まってしまえばいい。
というのは不可能なので、実現可能なのはその逆か。
私が加速するしかない。

ともう一つ思いついたので追記
結局のところ加速なのだが
人の脳って普段30%しか使ってないといわれるわけで
(記憶だと30%だったのだが数%って説も・・・どっちだ?)
火事場の馬鹿力を普段から発揮すれば不可能な事もできてしまう。
火事場の力なんて見たこと無いけどね。

聞いた話だと、馬鹿みたいに重いものを持ち出して運び出してしまったとか
絶対に間に合わないような距離をダッシュして、
マンションの数階上から落下した子供を抱きかかえキャッチしたとか。

まぁ実際このような話があるわけで、素晴らしい力だと思うのですよ。

しかしこの火事場の力って人なら誰しもが持ってるものなのかね?
もってたら、災害時とか結構な人が助かったりしそうなんだけどなぁ。
火事場の力を本当に必要な時にだせるってのもその人の能力になるのかね。

無いとしてしまうと、夢の無い話になってしまうので、
ほぼ誰しもが火事場の力(脳を100%使用する)をもっているとして
意図的に出す事はできないのだろうか。

普段からフルパワーだと体が耐えられなくなるから使われていないというが
それもどうなんだ・・・
昔は体が丈夫でそんなパワーをホイホイだしてたりするのではないのか?
人が道具により体の丈夫さを必要としなくなりそれともない
体が弱くなりセーブするようになったと。

人は進化したようで実は退化しているのではないのだろうか。

とりあえず脳のフル稼働を3分でもいいから使えればなー

Comment

Trackback

http://rayru.blog21.fc2.com/tb.php/1201-a10f4133

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。