スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタフライ・エフェクト

バタフライ・エフェクト

あらすじ

主人公エヴァンは、度々記憶を無くす子供時代を過ごしていた。
治療のため日記をつけるようになる。

成長するにつれ記憶をなくさない日々が続いた。
ある日、日記を読むことで記憶を亡くした時間を思い出すことができた。
当時行動を共にしていた幼馴染みを訪ねるが、それが原因で死へと追いやってしまった。

エヴァンは日記を読むことで、過去の記憶を亡くした時間を行動することができた。
過去の行動により現在を変えることができる。
主人公はこの力を使って、最愛の女性を助けるために行動をおこす。

ネタバレを含む感想は続きに
スポンサーサイト

怪談

怪談

映画恐怖オフィシャルサイトより
http://www.kyofu-movie.jp/

ネタバレ含む感想は続きで

ホラー映画・・・なのだろうか。

映画恐怖オフィシャルサイトよりです
http://www.kyofu-movie.jp/

以下ネタバレ含む感想

輪廻

ホラー映画といえば和製です。
そこそこ評判が良かったので期待してみてたのですが
私にはイマイチでした。
意味が良く分からなかったというのとネタが読めてしまったからかなぁ。

以下ネタバレ込み感想

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド観て来ました。
ローカル地域の映画館、昔からあるけどさ
10人かそこらくらいだったんで、広々と観れたんだけど。
よく潰れないなぁ・・・
や、潰れてくれてないから、遠くまで行かなくて済むし
ありがたくていいんだけどね。

さて、映画。(軽くネタばれあるかも)

厄日

今日は年に何回かの、自分にとっての厄日だ・・・
朝起きて、まず辺り一面が真っ白だったこと。
朝っぱらから、探し物が見つからない×2
チャリの空気がやけに減っている。
と思ったら、嫌な予想的中。帰りには見事にパンクしている。
数ヶ月前に登録したところから、「ありがとうございます。」メールが届く。

朝、探し物が見つからないって時点で、あぁ今日良い事無いなって気づいたけど。

今日の放電(対人)回数2回でした。
あとさ、朝のある時間帯だけ一方通行になる道があるんだが、
その時間帯に歩道ギリギリに寄せる車、ホント邪魔。
通学する際に、車少ないからわざわざその道選んでるのにさ。
道狭いから、歩いて通るのも困難なくらいに寄せるのはやめてほしい。
進行方向に垂直な信号が見えればまだいいんだけど、
見えないから、道路側によけて通ったすぐ後に、信号変わるって待つってことが何度あったことか。

英雄 ~HERO~

CMで見かけてアクションが面白そうだったので観たのだが・・・
正直期待はずれだった。
ストーリーもアクションシーンもいまいち、なんかなぁという感じ。
緊迫感もないというか、ただ演技をみせられただけみたいな。
うーん、期待してしまっただけにショックがでかい。
私が観てきた映画の中でかなり下の位置にランク付け。

この映画の見所はあれかな。
莫大な量の矢を放つシーン。

はぁ・・課題やるか。

観たい映画

Pirates of the Caribbean/Dead Man's Chest
2006年にあるとは知っていたけど予告が観れるのには今日気づいた。


Pirates of the Caribbean2公式


2006年7月7日公開予定。
日本公開は未定っぽい・・・そして夏とかまだまだ先だし。
まぁでも今一番楽しみにしてる映画かな。前作がかなり良かったし。
予告は一部だけだけど面白い雰囲気を醸し出してるし。

うろ覚えだけど3作目も製作中なんだっけ?
駄作にならないことを祈り期待します。

ホラー映画

ホラー映画を家で見るときのお勧め方法。

・深夜0時
・部屋の明かりを暗くする
・ヘッドフォン装着
・一人で観る

これが私がよくやってる観かたですかね。

深夜だと、周りが静かになる。
明るさは雰囲気づくり。
ヘッドフォンは他の人が寝静まってるけど少し大きめのボリュームできくため。

この1週間のうち3,4本ほどこんなことして観てた。

無料でみれるパソコンテレビことGyao
ここ前から知ってたんだけど、実際利用してなかったんだけど
CMとかでもやってたから、ふと思い出しのぞいたところ映画も観れるのに気付き、
映画のとこみたらホラー映画が目に付いて・・・
まぁ途中CMとか読み込み待ちとか入るけどそれ我慢すれば普通に見れる。

富江ってのを見たことなかったのでみてみた。

ティム・バードンの「コープス・ブライド」

ティム・バードンの「コープス・ブライド」
コープス・ブライド

あらすじ
19世紀のヨーロッパのとある村。結婚式を迎える1組のカップルがいた。
成金のバン・トード夫妻の息子ビクター(ジョニー・デップ)と、
貴族のエバーグロット夫妻の娘ビクトリア(エミリー・ワトソン)。
バン・トード夫妻はお金はあるが地位がないために上流階級入りすること、
エバーグロット夫妻は地位はあるが財産はなく再び返り咲くこと、
を的に結婚の約束を取り付けていた。
結婚式のリハーサルでビクターは台詞を上手く言えずに、
一人森で練習を行なっていた。手に見立てた小枝に指輪をはめ、
台詞を完璧に言えたその時、その手は骨の手であり、
コープス・ブライド(ヘレナ・ボナム=カーター)と結婚してしまったのであった・・・

友達のお勧めからチェックしてたこの映画観ました。
ストーリもなかなか面白そうで期待しながら見てたんですけど
かなり良かったですよ。音楽もグッド。
声優初体験のジョニー・デップもいい感じでした。

ネタばれ注意↓(あまり深くは突っ込みませんが)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。