スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続マリオ

途中で面倒になってまとめに入ってしまったがいくつか忘れていたことがあった。

マジシャンとして有望視されるマリオの特技についてだ。
なんといっても自分の身長の何倍も高く飛べる跳躍力。
ピョーンという効果音とともに素敵なジャンプを魅せてくれる。

そしてヒトデを手にすると、体をスパークさせアピールすることが可能だ。
彼に触れたものはたちまち倒れてしまう。

あとは、呼吸なんて必要ないぜと言わんばかりに水中を過ごせる。
水中脱出マジックとか余裕そうではないか。
配管工よりもやはりマジシャン向きだと思う。
スポンサーサイト

マリオ

私が小さい頃におそらく初めてプレイしたであろうゲーム。
スーパーマリオブラザーズだ。
何がスーパーなのかしらないが、
幼い私は当時まともに全クリできなかった。
昔はセーブなんて便利なものはなかったのだ。
エンディングなんて確認できたソフトはほとんどなかった。
そんなファミコン初期のマリオについて考えてみる。

さてマリオとは配管工のおっさん兄弟が、クッパにさらわれたピーチ姫を助けに行くというストーリだ。
その途中でコインを回収しながら、ブロックを破壊し、旗を降ろす?ことをしながら
城に捕まっているピーチ姫を助けるという。
クッパがピーチ姫をさらった理由はなんだったか。
私が知る限りあの世界において人間は3人しかいない。
マリオと緑のおっさんとピーチ姫だ。
アダムとイブのような関係になるべく、
マリオと緑の人が競い合いながらピーチ姫と結ばれるよう
途中のアスレチックをセッティングしたのがクッパなのだ。
勢い余って人間は3人と書いてしまったが、マリオは人間なのか?という疑問はあるが・・・
なんせ怪しいキノコをゲットすることで、体を倍に大きくなることができるからだ。
そして怪しい花を手にする?匂いをかぐ?ことで炎放つことが可能となる。
私は配管工よりも、マジシャンのほうが向いていると思う。
コメディアンでも良いかもしれない。
落とし穴に落ちた時に飛び上がってくるあのリアクションは誰にも真似できるものじゃない。

なぜ配管工なのだろうか・・・
ステージを考えるに土管だって、クッパが用意したものだと思うのに。
というか、配管工と姫は一体どうやって知り合ったのだろうか。
幼な馴染みだったりするのだろうか。

キノピオというキノコの妖精もいた気がする。
きっと怪しいキノコは彼らが生成しているに違いない。

まとめると・・・
マリオと緑の人によるピーチ姫争奪戦!
クッパ監督のアスレチックを攻略せよ!
怪しいキノコもあるよ!

○○は××である。

※フィクションです。妖しい団体とかでもありませんのでアシカラズ。

○○は地球に送り込まれた××である。
"    "と呼ばれる彼こそが送り主。
○○自身こそが正しいと信じているが
それこそが誤りとも気づかずになんとも滑稽であるか――

○○はちっぽけな存在である。
しかし、集結することで地球で頂点に君臨したと錯覚する。
何にもかも制御できるとさえ考えている。
そうなるよう意図的に仕組まれているとさえ気づかずに――

意志を持って行動している心算であろうが
所詮"    "の操り人形とも気づかずに。

もしその事実に気づいたとしても××であることを認めず足掻き続けるのだろう。
――結果は変わらないと知っても・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。